めまいを起こしてしまう原因は様々|身体をきちんと休めよう

その原因とは

カウンセリング

めまいはどんな人でも一度はなった事があるのではないでしょうか。めまいはどんな病気の時にも起こるのです。代表的なものとしては貧血や低血圧、メニエール病などの耳の三半規管に関わるもの、自律神経などによるものとほとんどの病気で感じる事があります。めまいとは具体的にどうゆうものかと言うと耳の内耳にある前庭と呼ばれる部分に体のバランスを保つ働きがあるのです。内耳の前庭神経や脳幹や小脳などに何らかの異常が生じると正常な状態を保つことが困難になり、ふらつきめまいが起こるのです。あとは首にある頸椎や循環器系の異常でもめまいが起こる事もあるのです。めまいの他に吐き気やしびれ、頭痛などがないかどうかは病気を特定するのにとても重要になるのです。

めまいには大きく分けると三種類に分ける事ができます。まず一つ目が回転性のめまいです。天井がぐるぐると回転するような感じがして、回転する感覚のせいか吐き気や嘔吐などの症状が伴う事があります。このケースの場合には内耳の前庭神経の病気の可能性が強いです。二つ目は浮動性のあるめまいです。漢字のままで浮く感じ、自分が宙にふわふわと浮いているような感覚になります。やはりこれも前庭神経に何かの異常があった場合などに起こると言われています。先ほどの回転性のめまいの回復段階でも感じる事のある種類です。三つ目は立ちくらみを伴うものです。目の前が急に暗くなったような感じになり、気が遠のいていくのを感じたりします。これは主に貧血や低血圧が原因なのです。